車買取2nd+セカンドプラス|中古車販売と買取、各種車パーツ取り扱い
札幌市で車の買取なら2nd+セカンドプラス

スタッフブログ

札幌市近郊のH様より トヨタ イスト ご売却頂きました!!

札幌市買取専門店セカンドプラスです。

ご売却させて頂いたお車はイストです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年式 20年  距離15万キロ

2代目となる新型車ist(イスト)は、4m未満のコンパクトな全長と、3ナンバーサイズに拡大した全幅、16インチ大径タイヤを組み合わせた踏ん張り感・安定感のある独創的なシルエットで、2BOXとSUVを融合させた斬新なデザインとした。

搭載エンジンは、1.5Lと1.8Lの直列4気筒、1.5Lエンジンには、Super CVT-iを組み合わせ、通常の走行時には前輪駆動に近い状態で走行、スイッチ選択できるアクティブトルクコントロール式4WDも選択可能。

1.8LエンジンはDual VVT-i(連続可変バルブタイミング機構)により、最高出力132馬力を発生、4速AT+FFのみの設定とする。

グレードは、標準「150X」と上級「150G」、1.8L搭載は「180G」をラインアップ。

今回の特別仕様車「Special Edition(スペシャルエディション)」は、「150X」をベースに、ディスチャージヘッドランプ(オートレべリング機能付)を採用したほか、スマートエントリー&スタートシステムおよび盗難防止システム(エンジンイモビライザーシステム)を特別装備している

トヨタ イストは個性的でスタイリッシュなコンパクトカー   

初代・2代目共に古い設計の車ですが、そのデザインは現在の基準で見ても古臭さを感じさせず、独特のオーバーフェンダーや後ろに流れるようなボディラインは、とっても個性的な魅力です。

あまり走っている所を見ない車種でもあるので、車で個性を表現したい人にはイストがおすすめです。

街乗り、高速走行、特に峠道を攻めたり、スポーツ走行もしないので、
走行性能に関しては、全く不満無し。
エンジンもスムーズに吹け上がり、乗り心地もスムーズで乗りやすい。

これまでのコンパクトカーは、経済性や実用性が最大のウリ。
すっきりとしたフォルムも、取り回しのしやすさを強調していた。
ところが、トヨタの最新コンパクトカーであるイストは、ガラリとその方向性を変えている。SUVフレーバーを盛り込んだというスタイルは、グラマラスでどっしりとした印象。
コンパクトカーの概念からは、ひと回り大きいボディサイズにさえ感じる。
開発コンセプト通り、ターゲットユーザーのアクティブな若者たちに向けた、プレミアム感のあるコンパクトカーに仕上がっているみたいですね

H様この度は弊社でのご売却誠にありがとうございました!!

札幌市のT様よりトヨタ エスティマHVご売却頂きました!!

札幌市買取専門店セカンドプラスです。

この度弊社で決めて頂いた理由は、外国のかたで帰国するからもうお乗りにならないのでご売却です。

ご売却して頂いたお車はエスティマHVです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年式20年 距離100910km

ロングセラーミニバンのエスティマに新たに登場したハイブリッドモデル。
空気抵抗の少ないたまご型ボディがもたらす安定した走りはそのままに、モーターアシストによる優れた燃費性能と、スムーズな加速を手に入れた。
室内空間はガソリンエンジン車と変わらず広々しており、シートの前後間隔にも余裕がある。

「エスティマハイブリッド(ESTIMA HYBRID)」の2代目となるモデル。

パワーユニットは、直列4気筒 2.4Lガソリン(150馬力)とフロントモーター(143馬力)を組み合わせたハイブリッドシステムをフロントに搭載し、電気式無段変速機を組み合わせる。

E-Fourと呼ばれる、電気式4輪駆動方式のみ。

ラインアップは、スポーティグレードの「アエラス」、「アエラス サイドリフトアップシート装着車」、「アエラス プレミアム」、「アエラス プレミアム サイドリフトアップシート装着車」、「アエラス スマート」、「アエラス プレミアム‐G」を設定。

エクステリアは、アッパーグリルから連続してサイドまで回り込んだ薄型のヘッドランプや、特徴的な大開口のアンダーグリルと張り出したバンパーコーナーの造形がワイド感とスタンスのよさを強調し、独自の存在感を際立たせたフロントビューとなった。
インテリアには、合成皮革をあしらったインストルメントパネルにアクセントステッチの加飾を施し、モダンで上質な室内空間を演出。

さらに、横長に施したサテン調加飾オーナメントが室内の横方向への広がりを感じさせるとともに、サテン調加飾のステアリングホイールとあいまって、質感の高さを表現。
さらに、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を標準装備し、サスペンションのチューニング最適化をはじめとする走りの質感を向上。
今回、消費税変更に伴い、価格変更を行った。

ハイブリッド車の、特徴は?

ハイブリッド車とは、ガゾリンで動くエンジンと、電気で動くモーターの2つの動力源を持つ車のことです。

速度や燃費によって、自動的に動力源を切り替えながら走るので、ガソリン車よりも燃費効率が圧倒的に良く、排気ガスも少ないです。

ハイブリッド車とガソリン車では、購入価格に約40~50万円ほどの差額があります。

ただ、燃費が圧倒的に良いので、
通勤などで毎日使う
ロングドライブが趣味
という人であれば、購入時の差額は十分に元が取れますね。

低コストで乗るならガソリン車、長期的に見るならハイブリッド車がオススメかもしれませんね。

T様この度は、弊社でご売却ありがとうございました!!

札幌市のO様よりダイハツテリオスキッドご売却頂きました!!

札幌市買取専門店セカンドプラスです。

この度買取りさせて頂いたお車はテリオスキッドです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年式17年、距離67,631Km

テリオスキッド(TERIOS KID)は、軽自動車の個性ある5ドアクロスカントリーモデル。

規格内のボディサイズの中に、2420mmのロングホイールベースと1700mmオーバーの全高により、優れたユーティリティを確保するオールラウンダーである。

ボンネット内に縦置きに搭載される660ccエンジンは、64馬力の直列3気筒DOHCインタークーラーターボと60馬力の同ライトプレッシャーターボの2種類。

ともに国土交通省平成12年基準排出ガス25%低減レベルに適合し、「良-低排出ガス車」認定を受ける。

グレード展開は「L」と64馬力ターボの上級「X」(4WDのみに設定)。

駆動方式はFRとフルタイム4WDを用意し、4WDシステムはセンターデフのロック機構付でスイッチ切り替えが可能。

サスペンションは前/ストラット式・後/3リンク式、それに15インチ大径タイヤを装着する。

トランスミッションはフロア式の5速MTと4速ATを設定。

安全機構としてデュアルエアバッグ、衝撃を感知すると瞬時に巻き取るプリテンショナー付き、胸部への衝撃を緩和するフォースリミッター付きシートベルト、事故時にドアロックを自動開錠する機能などをもつ衝撃感知安全システムを標準で装備する。
外装を充実させ、ハイマウントLEDストップランプ付のルーフエンドスポイラー、ヘッドランプに対向車の眩惑を少なくする光軸調整用のマニュアルレベリング機能を追加した。

新車体色の採用やグレード体系の見直しを今回行なっている。

また、人気ウインタースポーツブランド「キスマーク」とコラボレートした「TERIOS KID×kissmark」もラインアップされる。
(上級「キスマークX」/標準「キスマークL」)。

テリオスキッドの特徴

1998年10月に発売されたテリオスキッドは、優れた走行性能を持つ軽SUVです。

迫力のあるエクステリアデザインに、軽自動車とは思えないほど、安定したコーナリングや走破性も実現している自動車です。
2012年の販売終了までフルモデルチェンジしなかったことも特徴として挙げられるでしょう。

体に負担をかけないシート、左右分割可倒式リヤシート&クッションなど、インテリアも充実しています。「Total Advanced Functionボディ」や「アンチロックブレーキシステム」、「デュアルSRSエアバッグシステム」などによって、安全性も申し分ありません。

4WDオフロード車として今でも親しまれ、雪道もスムーズに走行できます。また、ターボエンジンも搭載し、燃費性能も悪くありません。

テリオスキッドに乗っている人の口コミ評価

エクステリアに関する口コミ

SUVのかっこよさがある
少しかわいらしさもあって好き
スタイリッシュな雰囲気
シンプルでよい
おもちゃっぽさもあるが満足している
後期型はかなり好き
スポーツカーのようなデザインも気に入っている

だいたい高評価です!

内装に関する口コミ

落ちついたインテリアで好み
車内で泊まることも不可能ではない
リアシートも快適だ
視界が広く運転しやすい設計
ちょうどいい硬さのシートで嬉しい

軽自動車であることや値段を考慮すれば、不満を覚える人は少ない内装設計でしょう。

走行性能に関する口コミ

軽自動車なので十分
悪路もスムーズに走れる
視点が高めだけど安定している
思ったよりも小回りが利かない
たまに突き上げを感じる
足回りが固い気がする
見晴らしがよい

視界が広いからこそ、リラックスして運転できるという高評価です。

ターボエンジンを搭載しているため、エンジン性能に関しても、そこまで低評価ではないみたいですね!

O様この度は弊社にご売却して頂きありがとうございました

札幌市M様よりトヨタガイアご売却頂きました!!

札幌市買取専門店セカンドプラスです!

この度買取りさせて頂いたお車はガイアです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年式12年   距離54000です!

扱いやすい5ナンバーボディの高級ファミリービークルがガイア。

高級感あふれるエクステリア、そして、ゆとりと高品位のインテリアを特徴とする、より豊かな「モビリティライフ(クルマとともにある生活)」を楽しむためのミニバンである。

駆動方式はFFと4WD。
4WDシステムはFFとトルクスプリット4WDがセレクトできるアクティブトルクコントロール4WDを採用する。
搭載エンジンは、FF系が135馬力の2Lハイメカツインカムと94馬力2.2Lディーゼルターボ、4WDは2Lハイメカツインカムのみの設定。
モノグレード展開だが、2-2-2名の6名定員モデルと、2-3-2名の7名定員モデルの2タイプがあり、さらにエアロパーツを装着する「エアロ」、プライバシーガラスなどが付く「L」、Lの装備に加えアルミホイールなどが装備される「G」、装備を簡略化した「S」の4つのパッケージオプションが用意されている。

安全装備として全車にデュアルエアバッグ、ABS、プリテンショナー&フォースリミッター付きシートベルトを標準で装着する。

なお、「リミテッドナビスペシャル」はボイスナビゲーション&6スピーカー、バックモニターと専用シート&ドアトリム表皮を採用したほか、外板色にシャンパンメタリック、ホワイトパールマイカ(オプション)を設定する特別仕様車となる。

(星)兄弟車イプサムの上級バージョン

初代イプサムの兄弟車で、内外装の質感や居住性、積載性を向上させた5ナンバーサイズのミニバン。

エンジンおよびシャーシはイプサムと共用しており、エンジンも2Lの直4と2.2Lディーゼルターボという設定はイプサムと同じ。

4WDの方式だけが異なっている。

外観は4灯ヘッドライト、メッキパーツなどを、内装は木目調パネルやファブリックを採用して差別化を図った。

6人乗りと7人乗りが用意され、6人乗りは2列目にキャプテンシートを採用し、3列目へのウォークスルーが可能。

イプサム良い点   

高級感がある光沢のある濃い茶色を基調にした内装に統一性があって素晴らしい。

エアコンスイッチ類の下部にある小物入れが手で押すだけで開閉するギミックが凝っている。

カーナビの取り付け位置が高めになっていて運転中における見やすさが重宝している。

長時間の運転にも疲れにくい。

最後部三列目シートの二人乗りは少し狭く感じるが、ドリンクホルダーと小物入れもあり、快適な7人乗り空間を楽しめる。

後部座席をたおすと、多少の荷物も入る収納力も特筆すべき点です。

乗り心地は街中乗り、高速ともにタイヤから伝わる振動が少ない。

ガイアの実燃費は大体10km/L前後であり、一般的にカタログ値の6~7割が実燃費だと言われていることを考慮すると、十分にそれを達成していると言えます。

初代イプサムの方が目立ち、ライバル車としていたオデッセイほどの人気も得られず、おまけにフルモデルチェンジの計画も、2代目イプサムの不調によりお蔵入りしてしまったガイア。

しかし、実際に購入した人からの評価は中々であり、高い人気を誇った初代イプサムには無い要素も持っていたガイアは、間違いなく隠れた名車だと言えますね。

M様この度弊社で、ご売却ありがとうございました

札幌市K様より日産セレナご売却頂きました!!

札幌市買取専門店セカンドプラスです。

この度買取りさせていただいたお車はセレナです。

年式 18年 距離13万キロです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日産のミディアムクラスミニバンセレナ(SERENA)。
全長4.7m×全幅1.7mの5ナンバーサイズに、2L 直列4気筒DOHC(FF:137ps/4WD:129ps)

「MR20DE」型エンジンを搭載し、インストシフトノブのエクストロニックCVTとの組み合わせとする。

グレードは、都会的で個性的なイメージの専用スムージンググリル&カラードベルトをもつ上級「20RX」/標準「20RS」、上質で落ち着きのあるイメージの専用メッキグリルの上級「20G」/標準「20S」と、2つのデザインタイプとした。

それに今回追加となる「ハイウェイスター」は、エクステリアには、専用エアロパーツ、16インチアルミホイール(2WD)などにより、全幅1725mmの3ナンバー化。

太く力強い横桟ラジエーターグリルやフロントバンパー開口部のバーにメッキ処理を施し、リヤコンビランプの外周部、リヤスポイラーをボディカラー化した。

インテリアに、専用のブラックシート、シルバーフィニッシャーを加えた本革巻3本スポークステアリングなどを採用するなど。

関連会社である(株)オーテックジャパンより、上質なインテリアを持つ特別仕様車「アクシス」(20Sベース)はM専用フロントグリルや、専用メッキモールディングをはじめ多くの高級外装パーツも採用、また「ライダーS」により魅力的な装備を追加した限定車「ライダーアルファII」を用意する。

ライダーアルファIIには、専用のイルミネーション付キッキングプレートやフロアカーペットなどを採用した。

室内空間が大きく広い!! そしてカッコよくてコスパが高い!

セレナを選ぶ人の多くが、セレナの室内の広さやボディの大きさ、そしてカッコよさに惹かれているという。
特にハイウェイスターは、セレナの代名詞ともいえるグレードであり、日産の力の入れようも半端ない。 

運転席からの視界が良く安心感が高め  

開放感が非常に高く、視界良好である
 運転席に座るとまず感じるのが、視界の良さだ。
フロントウィンドウやサイドウィンドウ、そしてAピラー下の小窓まで合わせると、非常に大きなガラスエリアとなっており、開放感が非常に高い。

 また、ドライバーの着座位置が高く、上から見下ろすようになる視界となっているため、爽快感も味わうことができる。

 この開放的な空間を味わえるだけでもセレナには価値がある。しかも、1列目だけでなく、2列目や3列目でも、視界は優れており、家族や仲間たちと長距離旅行の際など、セレナはベストチョイスだといえるだろう。

セレナのいいところは言うまでもなく、広さ、大きさ、デザイン、そしてコスパ。

 これまでにセレナは多くの方が購入し、街中でその姿を見ない日はないほどに台数が増えていますね。

日産にとっては、絶対にコケてはならない一台であり、毎モデルとも並々ならぬ気合で取り組んでいるであろう。

 それだけに、おもてなし装備や車内の使い勝手の良さは抜群であり、かゆいところに手が届くクルマであるのは間違いないですね。

K様この度弊社でご売却ありがとうございました

札幌市H様よりスズキ ジムニーご売却頂きました!!

札幌市買取専門店セカンドプラスです。

この度買取させて頂いたのはジムニーです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軽自動車のクロスカントリーモデル、ジムニー(JIMNY)。

直列3気筒インタークーラーターボは、SOHC6バルブとDOHC12バルブの2タイプ、ともに軽自動車枠最大の64馬力、トルクはそれぞれ10.0kgm、10.5kgmを発揮する。

175/80R16の大型タイヤを装着、最低地上高200mmを確保する。

4ナンバー商用登録と5ナンバー乗用登録を設定し、ハードトップシリーズとパノラミックルーフ装着車「YC」は、後席乗車スペースを確保した4名定員とする。

幌「CC」グレードは、後部座席天井部分をキャンバストップとしオープントップ可能にする。

限定車「ランドベンチャー」(5速マニュアル/3速AT)は、ハードトップ XCをベースに設定。

エクステリアに、ハロゲンフォグランプ、車体色同色バンパー、アルミルーフキャリア、16インチアルミホイール、専用サイドストライプテープ&スペアタイヤカバー、ルーフエンドスポイラーを備え、インテリアには、マルチメーター(方位、気圧、高度計)や専用ファブリックシート表皮を採用する。
スペースユーティリティは、ボディの見た目の大きさとは比例しているとは言えません。  
1/3はエンジン・補機類のスペースですので、それも致し方ありません。

後席を倒して荷室にすれば、箱形形状ゆえに高い積載性を発揮します。
たまた、運転席・助手席まで倒せば、全席フルフラットの就寝スペースになるのも、ジムニーの強みのひとつです。

マットと寝袋を使えば、ミニバンに劣らぬ快適な眠りを得ることができます。 

ジムニーというオリジナリティが最大の魅力

他の車が真似しようと思っても、絶対に真似できないのが、その悪路走破性です。軽量(オフロード4WDの中では)かつコンパクトなジムニーは、ランドクルーザーやGクラス、JEEPラングラーが模倣できないクロスカントリー走行を見せてくれます。

わずか660ccしかない排気量でも、それを十二分に活かすサブトランスファーによって、強力な力を発揮します。数年前に軽井沢で大雪による大規模な交通傷害が発生しましたが、先代ジムニーが自分の何倍もある10tトラックを軽々と牽引する動画が話題となりました。
一般のユーザーで4WD-Lowというギア比を使う人はあまりいないと思いますが、それが付いていることに魅力を感じているユーザーは少なくないようです。

ジムニーファンは、日本のみならず世界中に多くの愛好家がいます。

ジムニーの走破性の高さから、雪道やガレ場、林道から川の中までアタックしてみたり、車中泊仕様にカスタムしてアウトドアを楽しんだり…。

コンパクトなボディとそのワイルドな走行性能に見せられたジムニーを偏愛するオーナーは「ジムニスト」と呼ばれたりします。

つねに「NO JIMNY NO LIFE」な彼らは、遊びに最適なジムニーに惹かれ、道具として愛用しながらライフスタイルの幅を広げています。

ジムニーは、カスタムしやすいフレーム構造とあって、アフターパーツが群を抜いて豊富な車種のひとつ。

遊び用の車として欲しがる人もかなりいますよね!

この度はジムニーご売却誠にありがとうございました!!

札幌市のK様よりハイラックスサーフご売却頂きました!!

札幌市買取専門店セカンドプラスです!

この度買取させて頂いたお車はハイラックスサーフです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年式、平成9年式 距離 16万キロ

新しいスポーツユーティリティビークルの開発をテーマに誕生した、トヨタハイラックスサーフ。

車種体系の見直しを行い、選択肢を広げるとともに、オプティトロンメーターや新デザインのステアリングの採用など、装備・機能を充実させた。 

バックドアを備える4ドアは、標準とワイドボディを用意。

エンジンは、3Lディーゼルターボ(130馬力)/同インタークーラー装着(140馬力)と、ガソリンはV6 24バルブ3.4L(185馬力)と直4 2.7L(150馬力)ユニットを搭載する。

標準ボディのみの「SSR」、装備充実の「SSR-X」、ワイドボディのみに豪華装備の「SSR-G」と、装備をセレクトした「SSR-V」を設定する。

全車標準装備として、挟み込み防止機構付きパワーウインドウやチャイルドシート固定機構付きシートベルト、安全装備として、デュアルエアバッグやABS、サイドドアビームを備える。 

キャンピング仕様の特装車「アクティブバケーション」も同時発売される。

大手自動車メーカートヨタから販売されていたハイラックスサーフは、1983年の初代モデルから4代目までが国内で販売され、大型SUV車として人気を誇っていました。

しかしながら、2009年8月で国内での販売が打ち切られ、現在は新車としての販売は行われていません。
走行性能が高く、後部座席をフラットにすると大きな荷物も運べるため、アウトドアには最適な車種だといえるでしょう。

ハイラックスサーフのおすすめ人気グレード

ハイラックスサーフは特別仕様車としてLIMITEDが販売されており、グレードは主にSSR-GとSSR-Xの2種類に分類されています。

ハイラックスサーフのSSR-Gは最上級グレードで、おしゃれなオプティトロントメーターや専用の17インチアルミホイールなどが標準装備されていることが特徴です。

オプティトロントメーターはエンジンをかけるとライトに照らされ大型SUV車とのギャップを感じさせる可愛さが人気を惹きつける要因の1つだと言われています。

SSR-X“Limited”はSSR-Xをベースにした特別仕様車で、スモーク加飾メッキフロントグリルやヘッドランプエクステンションが採用されており、内外装が上質に仕上げられています。

ボディカラーはホワイトパールクリスタルシャイン、シルバーメタリック、ブラックといった独自のカラーで展開されており、ホワイトパールクリスタルシャインはオプションとなっています。

そのため、SSR-X“Limited”は内外装にこだわり、どちらも魅力的に仕上げたい人におすすめです。

思ったよりもエンジン音が静かで、非常に乗り心地がよいと感じた
運転席に座った際の目線が高いため、周囲がよく見えるので運転しやすい
トラックがベースになっているものの、乗用車のような感覚で運転できるので快適だ

ハイラックスサーフは大型SUV車で車高が高めであるため、運転席から眺める景色は広いことが特徴です。また、ハイラックスサーフは小型のハイラックスがベースで開発されているため、大型SUV車の中でも小さめのサイズが特徴的です。

そのため、車体の割に目線が高く運転しやすいといった口コミが数多く見受けられます。 

さらに、インチアップや足回りが柔らかいため、快適な乗り心地が実現できるといった乗り心地に関する高い評価が多い印象です。

K様この度はハイラックスサーフを、ご売却頂きましてありがとうございました!

札幌市N様より日産プリメーラご売却頂きました!!

札幌市買取専門店セカンドプラスです!

この度買取させて頂いたお車は、こちらのプリメーラです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

N様が、長い間大切に乗られてたお車です。

年式15年、 距離18万キロ

日産自動車は、「プリメーラ」と「プリメーラワゴン」にマイナーチェンジを施し、2003年7月8日に発表、同日より販売を開始した。

今回のマイナーチェンジは、ワゴン/セダン両車種とも、小規模な変更にとどめられた。

エクステリアは、フロントグリル、バンパー、フォグランプ、サイドターンランプ、16インチアルミホイールの意匠を変更した。

インテリアは、メーターリングや集中コントロールスイッチなどをクロームメッキ化。木目調クラスターやセンターコンソールフィニッシャーを採用するなどして、質感の向上を図った。

さらに、全車において、追突時に首にかかる負担を軽減する「アクティブヘッドレスト」(前席)が標準装備されたこともニュースである。

メカニカルな部分については、前後のショックアブソーバー減衰力やリアスプリングのバネ定数、ステアリングの油圧特性を変更したことにより、しなやかな乗り心地と高速走行時の安定性が向上したという。また、SR20VEエンジン+6段MTを搭載したスポーティグレード「V」は、残念ながらカタログから落とされた。

ボディカラーのラインナップも変更。ブラック系、ブルー系、ゴールド系が廃止され、新色のトワイライトグレーを加えた、全5色のバリエーションとなった。内装色に、ブラック内装が設定されたことも新しい。

価格は、従来の同等グレードと比較して、カーナビがオプションに変更された「25X」「W25X」で15.0万円値下げされた。その他のグレードについては、据え置きとなる。

走行性能

高速、峠とそれなりの速度で走り切れるところであり、パワー不足ということを感じさせないというところかもしれません

エクステリア&インテリアは素晴らしい。他のどのクルマにも似ていない。力強いエンジン。

静粛性も高いのでエンジン回転が上がっても室内は静かです。

外観がシンプルなデザインなので飽きがこないです。

ハンドリング性能が良いので北海道でのドライブに最適です。

運転していて楽しいことと同乗者の快適性を兼ね備えている良いクルマだと思います。

同車種に比べると,他の会社の車種より,価格も手ごろで買いやすいです。

N様この度弊社でご売却ありがとうございました! 

札幌市M様よりランドクルーザープラドご売却頂きました!!

札幌市買取専門店セカンドプラスです。

この度買取させて頂いたお車は、プラドです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この度ご売却された理由は、軽自動車にお乗り換えしたいとの事でした。

M様にのご希望にピッタリなお車タントを、お勧めし
タントにお乗り換えが決まりました!!

この度買取させて頂いたお車はプラド

年式   距離17万キロ

機動性の高いクロスカントリーモデル、トヨタランドクルーザープラド。

今回マイナーチェンジにより、新開発3Lディーゼルエンジン(130馬力)を搭載、NOxや黒煙を低レベルに抑えた環境対応型ユニットとなった。

また、サスペンションやブレーキの改良により走行安定性や制動性能を高めた。

全モデルパートタイム4WD方式。

4ドアグレードは、サードシートを備えた8名定員、2ドアグレードは、5名定員となる。

ワイドモデルは、ブリスターフェンダー装着による全幅1790mmとし、265ワイドタイヤを装着する。

トヨタ ランドクルーザープラドは、1990年に初代が誕生し、今年で30年目を迎えた長寿モデルです。

初代ランクルの流れを汲む「プラド」

ランドクルーザーもランドクルーザープラドも、その源を辿ると、第二次世界大戦後の1951年に発売されたトヨタ ジープBJに行き着く。

 トヨタが、悪路走破性を追求した4輪駆動車の開発に取り掛かったのは戦争中のことで、帝国陸軍が米国ジープの性能を知り、国内有力自動車メーカーに開発を求めたからであった。

 ただし、生産準備に入ったところで終戦となり、量産されることなく一旦終了している。その後、トヨタ ジープBJが誕生し、発売されるのである。ただし、ジープの名称が商標に関わることが判明し、1954年にランドクルーザーと車名変更したのであった。

 その初代ランドクルーザーの流れを汲むのが実はランドクルーザープラドであり、我々が長年本流と考えてきたランドクルーザーは、ロングワゴンというより大柄な車種追加され、そちらの系譜となる。

 とはいえ、ランドクルーザープラドの車名で発売されるのは1990年からである。それまでは、ランドクルーザーにはいくつかの種類があるというすみ分けであった。

ランドクルーザープラドが人気を集める訳

やや小型ながら200系ランクル譲りの本格派「プラド」。実はジープ ラングラーも全長4.9m、全幅1.9m未満となっており、プラドのほうがこのサイズに近い
 しかし、バブル経済が崩壊してからは、必ずしも威勢を張ることが価値とはならない時代へ遷り変わりはじめた。21世紀に入ると環境の時代という意識が高まっていく。

 象徴的なのは、ハイブリッド車やダウンサイジングターボエンジンの広がりだろう。高性能であっても、適切なエネルギー消費により、賢い生活を営むことが幸せであるという価値観だ。

 もちろんそのなかで、大柄な車種の魅力が失われるわけではない。大きいことによる快適さやよさも残るのは事実だ。それが、ランドクルーザーを基にしたレクサス LXという車種の誕生にもつながる。

 こうしてみると、現在のランドクルーザープラドは、多くの人にとってほどよい大きさの4輪駆動車であり、また4輪駆動車としての走破性能は源を辿れば本格派4輪駆動技術に支えられているとおり、乗用車から派生したSUVとは比較にならない実力を備えている。

M様、この度弊社でご売却ご購入ありがとうございました。

納車まで楽しみにお待ち下さい。 

札幌市O様よりエスティマご売却頂きました!!

札幌市買取専門店セカンドプラスです。

この度売却された理由は、距離数が伸びてきており

お乗り換えの為のご売却です。
今回買取させていただいたエスティマがこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年式19年、  距離18万キロ

トヨタのミニバンを代表するエスティマ。

2.4L 直列4気筒エンジンには、変速ショックがなくマニュアル感覚も楽しめるSuper CVT-i(7速スポーツシーケンシャルシフトマチック付)を採用。

3.5 V型6気筒エンジンは、6速オートマチック(シーケンシャルシフトマチック付)とを組み合わせて搭載する。

バリエーションは、上級「G」と標準「X」、スポーティなエアロとグレー内装色の設定をもつ「AERAS(アエラス)」。

アエラスには、18インチアルミやインテリジェントAFS付、本革巻き3本スポークステアリングなどスポーティ志向「Sパッケージ」、クルーズコントロール、マルチインフォメーションディスプレイなどラグジュアリー志向「Gパッケージ」も選べる。

今回の一部改良では、エスティマ3.5L車およびエスティマハイブリッドが、新しい排出ガス試験モード(JC08モード)での冷間時の測定モードに対応した、国土交通省の低排出ガス車認定制度における「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定を取得している。

また、コンビネーションメーターの色を変更し、よりスポーティな印象にしている(エスティマ「アエラス Sパッケージ」)。

さらに、カラーバックガイドモニター機能付きのHDDナビゲーションシステムを、新たにオプション設定した(エスティマおよびエスティマハイブリッド「X」)。

同時に発売するは、「3.5アエラス スペシャル Gエディション」(7人乗り)。

昨年8月に発売した、特別仕様車「2.4アエラス Gエディション」を継続するとともに、ラジエーターグリルや、アウトサイドドアハンドルなどにメッキ加飾を施し、より高級感を高めた車。 

トヨタ エスティマの魅力

トヨタのロングセラーミニバン、エスティマ。

その「丸みを帯びた外観」と「安定した乗り心地」は高く評価されています。

トヨタ エスティマは、大人数乗れるミニバンでありながら、揺れを感じにくい上質な乗り心地を実現しています。 

高速走行や長距離走行シーンでも、ドライバーに疲れを感じさせない快適性から、ユーザーに長年愛されるクルマとなっています。

力強いエンジンで出足から軽やかに加速し、爽快感ある走りを楽しむことが出来ます。また、山道のようなカーブが連続する道を走行するときも、気持ちよくコーナーをクリアすることができます。

エスティマの魅力を、探してみました。

O様この度は、弊社でご売却ありがとうございました️! 

Top