車買取2nd+セカンドプラス|中古車販売と買取、各種車パーツ取り扱い
札幌市で車の買取なら2nd+セカンドプラス

スタッフブログ

札幌市S様より レクサス LS600hご売却頂きました。

こんにちは!!

札幌市の車買取セカンドプラスです!!

今回買取させていただいたのはレクサス LS600hです。

 

 

LSハイブリッド(エルエスハイブリッド、Lexus LS Hybrid )は、トヨタ自動車が展開する高級車ブランド「レクサス」の最上級セダン「LS」の4代目モデルに設定されていたハイブリッド仕様である。

初代(LS全体としては4代目)UVF4#型(2007年 – 2017年)

LS600h(UVF45) / LS600hL(UVF46)

LSにハイブリッド仕様の「LS600h」と同ロングホイールベース車の「LS600hL」を追加。「LS600hL」の本体価格(税込)は1,330万円と1,510万円(リヤセパレートシート仕様)の2タイプで、発表当時は日本車の最高価格車であった(量産仕様の日本車としての最高額は、その後発売の「LFA」の3,750万円である)。また、「LS600h」標準グレードの本体価格はガソリンエンジン車の「LS460」と比べてみると、AWD機構や、世界初採用で発売当初は高額であったLEDヘッドランプの搭載を考慮すると、ハイブリッド化に伴う純増分は100万円強となる。

グレード体系は、標準仕様・「version-S」・「version-U」があり、それぞれに「I-package」の設定がある(LS600hLには設定なし)。

エンジンはLS460の4.6 L(1UR-FSE)からストロークアップした5.0 L V型8気筒DOHC(2UR-FSE)に換装されており、最高出力290 kW(394 ps)/6400 rpm、最大トルク520 N・m(53 kg-m)/4000 rpmを発揮する。ハイブリッドシステムに使用されている同期電動機の1KM型モーターは、同じくハイブリッド仕様の「GS450h」が最高出力147 kW(200 ps)、最大トルク275 N・m(28 kg-m)なのに対し、LS600hでは最高出力165 kW(224 ps)、最大トルク300 N・m(30.6 kg-m)に強化されている。モーターの基本構造は変えず、モーターの電流値をGS450hでは最大200 A程度であったものを、LS600hでは300 A程度まで高め、高トルク・高出力化を実現している。

ハイブリッドのメカニズムはトヨタ「プリウス」などと基本的には同じものであり、動力分割機構・モーター・ジェネレーター(発電機)で構成されたトランスミッションに、2段変速式リダクション機構(副変速機)を有している。この動力分割機構をによってジェネレーターの回転を自在に変化させ、ギヤ比を無段階にコントロールし、滑らかな走りを実現する電気式の「無段変速機(CVT)」として機能させているのが特徴である。また、トランスミッションに組み込まれた2段変速式リダクション機構はGS450hと同様、低速域から高速域までの幅広い速度域で、モーターの効率の良い領域を使用できる。発進時や低速域での加速時は、2段変速式のローギヤを使用することで、力強い加速性能を実現するとともに、中・高速域では、2段変速式のハイギヤを使用し、高速クルージングに対応するのとともに、効率のよいエネルギー回生が可能になった。AWDのLS600hでは、FRのGS450hやFFのプリウス等に対して、4輪全てで回生を行うため高効率と安定した制動性能を実現することが可能となった。

S様この度は弊社でのご売却誠にありがとうございました。

札幌市のM様よりトヨタ ハリアーハイブリットご売却頂きました!!

こんにちは!!

札幌市の車買取セカンドプラスです!!

今回買取させていただいたのはトヨタ ハリアーハイブリットです!

 

 

ハリアーハイブリッド(HARRIER HYBRID)は、トヨタ自動車が販売している高級クロスオーバーSUV「ハリアー」の2代目モデルに設定されていたハイブリッド仕様です。

SUV型乗用車のハイブリッドカーとしては、トヨタから同時に発売された「クルーガーハイブリッド」とともに、フォード「エスケープハイブリッド」に次いで世界で2番目に市販されたモデルとなる。

ハリアーは日本国外ではトヨタが展開する高級車ブランド「レクサス」から「RX」の名称で販売されており、本モデルもRXのハイブリッド仕様「RX400h」として販売された。

レクサスRXについては2009年に3代目モデルへモデルチェンジされ、ハイブリッド仕様も全面刷新された「RX450h」が日本国内でもレクサスブランドから販売されるようになったが、

その後も先代にあたる本モデルも「ハリアーハイブリッド」として継続してトヨタブランド(トヨペット店)で併売されていた。

2013年11月13日に「ハリアー」が日本国内専売車種として3代目にモデルチェンジされたが、「ハリアーハイブリッド」として販売されていたハイブリッドモデルは「ハリアー」に吸収統合される形で約1ヶ月ぶりに復活することとなった。なお、装備内容は一部異なるものの、グレード体系はガソリン車と同一である。

ハリアーとの違い

内外装は基本的にはベースモデルであるハリアーに準じているが、以下のような点が異なっている。

  • フロントバンパーの意匠変更(フォグランプが丸型になり、中央部にスリットが設けられる)。
  • リアコンビネーションランプがLEDとなる。
  • スピードメーター内のマルチインフォメーションディスプレイにて、外気温、平均・瞬間燃費、エネルギーモニター等が大きな視線移動なしに確認できる。
  • 遮音性に優れるフロントガラスを採用し、高い静粛性を実現している。
  • Lパッケージ・プレミアムSパッケージには、専用デザインのアルミホイールを標準装備する。
  • 内装パネルに、標準・Lパッケージには「コスモファインパターン」、プレミアムSパッケージには「本アルミ」が使用される。
  • 一方で、ハリアーには設定があるレーダークルーズコントロールは搭載されず、一般的なクルーズコントロールのみとなる。
  • なお、2008年まではカッパーブラウンなどの専用ボディカラーが数色設定されていたが、現在はダークレッドのみ(逆に、ハリアーにのみベージュメタリックが設定される)。

M様この度は弊社でのご売却誠にありがとうございました!!

札幌市のH様よりトヨタ ラクティスご売却頂きました!!

こんにちは!!

札幌市の車買取セカンドプラスです!!

今回買取させていただいたのはトヨタ ラクティスです!!

 

 

ファンカーゴ(初代ヴィッツ派生)の後継車種として、2代目および3代目ヴィッツをベースに開発・販売されていた。

「思い通りのレスポンス、カッコイイスタイル、かつてない開放感、広大なスペース、低燃費低排出、軽快な走り」をコンセプトに作られた。

1.3 – 1.5Lと小排気量のエンジンを積みながらも広い居住空間を追求しているため、居住性がよく、かつ経済走行性に優れる(1.5L・FF車〈1NZ-FE搭載車〉は18.6km/L〈10・15モード〉)一方、

車両本体価格が最大160万円程度と比較的低価格に関わらず高速走行時に効果を発揮するクルーズモードを搭載する(1NZ-FE搭載車のみ)など、街乗用にも長距離走行用にも適用できる仕様となっている。

2代目ヴィッツのプラットフォームをベース(ただし、ホイールベースはベルタと同じ2,550mmに延長)としているため、前部衝撃吸収構造に優れる。

基本的に前部からの衝撃はバンパリインフォースメント、左右サイドメンバおよび、従来はただの保持部材であったラジエーターサポートをユニット化し強度部材とし、

それぞれに衝撃吸収構造を設けて極力エネルギーを吸収する構造になっており、それでも吸収しきれないエネルギーは左右Aピラーを通してルーフ部に逃がすか、

サイドメンバからフロントトルクボックスを通じて床下のフロアメンバに逃がすようになっている。また、万が一衝突でエンジンが後退してもフロントパネルの前部に設けられたリインフォースメント(強度部材)が受け止め、そのエネルギーを両サイドのフロントトルクボックスに逃がす構造となっており、衝突時の生存空間を極限まで残す構造となっている。

また、ラジエーターサポートをボルト止めとして交換を容易にしていることも特徴である。後方からの衝突、側面からの衝突に対しても、パネルに強度を持たせるのではなくリアサイドメンバやセンターピラーなど強度部材によって衝撃吸収を行う構造となっているため、損傷波及がしにくく生存空間を極力残す構造になっている。

インテリアについては、駆動方式によってリヤシートのアレンジが大きく異なり、FFでは片手で楽に収納できる「ダイブインシート」を採用することにより、簡単に広大なスペースを造り出すことが可能。4WDの場合はプロペラシャフトの追加に伴って床高が上がるためにダイブインシートは装着できず、代わりにダブルフォールディング式を採用することでFFに肉迫する空間を生み出している。

そのほか、コンパクトカーには珍しい装備として、大径16インチタイヤ (175/60R16 81H)、ゲート付きシフトレバー、本皮巻きステアリング+シフトノブ、クルーズコントロール、テレスコピックステアリングを装備する一方で、トヨタ初の装備としてCVT専用パドルシフト(レクサスIS用と色違い)、サイドターンランプ付きドアミラーが挙げられる。また、新開発の装備として、ヴィッツの4倍細かい制御を持つ電動パワステ、アクティブCVTシステム(7速モード付)。評価が分かれるものとして、低いハンドルのその上に望むバノラマビューメーター(オプティトロンメーター)がある。

 

H様この度は弊社でのご売却誠にありがとうございました!!

札幌市A様よりマツダ MPVご売却頂きました!!

こんにちは!!

札幌市の車買取のセカンドプラスです!!

今回買取させていただいたお車はマツダのMPVです!!

 

 

初代のLV系が販売されていたのが1988年~1999年

駆動方式はFR。プラットフォームはルーチェ用のマツダ・LVプラットフォームをベースにしているが、リアサスペンションは固定軸式である。

初期モデルのリアドアの窓は固定式で開閉出来なかった。変速機は後に追加される多くのグレードも含めてコラム式4速オートマチックのみであった。

ミニバンというよりクロスオーバーSUVというカテゴリに分類される車である。

日本仕様は当初、エンジンはV6・3000ccの本革仕様のみで車両本体価格は355万円。モノグレードでボディカラーも1色のみで通常設定とツートン設定のみだった。

マツダはミニバンとは呼ばず、「新しいカテゴリーの多目的高級サルーン」と呼んでいた。

2代目としてLW系が販売されたのが1999年~2006年

この代から駆動方式がFFとなる。リアドアはスイングドアから両側スライドドアとなり、エンジンは新開発の直4・2,000ccとフォード製のV6・2,500ccをラインアップした。

プラットフォームはマツダ・LWプラットフォームを採用。セカンドシートにはベンチにもキャプテンにもなるKARAKURIシートが採用された。

サードシートは床下格納式である。グレード体系は2.0Lの標準車と2.5Lの「Gパッケージ」・「スポーツパッケージ」・「Lパッケージ」の計4タイプとなった。

ディーゼルエンジン、車軸式リアサスペンション等、本格SUVを意識した先代モデルとは大幅に異なり、典型的なミニバンスタイルとなった。

3代目としてLY系が販売されたのが2006年~2016年、今回買取させていただいたのは3代目です!!

キャッチコピーは「スポーツカーの発想で、ミニバンを変える」。目標月間販売台数は3,000台と発表されている。

エンジンはV6が廃止され、全車直4 2.3Lとなり、自然吸気型及び3.5L並みのトルクを発揮する「DISI」と呼ばれるガソリン直噴ターボエンジンとなった。

ターボはCX-7と同じくトルク重視のチューニングとなっている。環境性能も大幅に強化されており、

ターボ車を含む全車で「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(☆☆☆☆)」と「平成22年度燃費基準+5%」を達成。トランスミッションは4WDとターボが6AT、自然吸気のFFが4ATと組み合わされる。

プラットフォームはマツダ・LYプラットフォームを採用。なお、プラットフォームの変更によりリアサスペンションが先代のトーションビーム式からマルチリンク式に変更された。

デザインコンセプトは、「刀の研ぎ澄まされた質感」である。先代に比べボディサイズは大型化され、全幅1850mmは国産ミニバンでは最大となったが、最小回転半径は同じ5.7mにとどめた。

乗車定員は全車8人乗りとなったが、セカンドシートには引き続きKARAKURIシートが採用されている。

これは左右に分かれたキャプテンシートを中央に寄せることで、3人掛けを可能にしているため幅が狭く、中央に座る人のためのシートベルトは二点式となりヘッドレストはない。

サードシートの格納方式は前倒し式に変更され、6:4分割格納が可能になった。5人乗車+ラゲッジモードでは5人分のゴルフバッグが積める広さを誇る。

また、エクステリアデザインには「モダンアピアランスパッケージ」と「スポーツアピアランスパッケージ」の2種類が用意された。エルグランドが新型にスイッチされるまで、ミニバン最大の全長であった。

A様この度は弊社でのご売却誠にありがとうございました!!

 

札幌市のT様よりダイハツ ムーヴご売却頂きました!!

こんにちは!!

札幌市のセカンドプラスです。

今回買取させていただいたお車はダイハツのムーヴです!!

 

 

ダイハツムーヴ(MOVE)は、1995年に発売、2006年10月にプラットフォームからエンジンまで一新するフルモデルチェンジを行った4世代目モデル。

今回のマイナーチェンジでは、スポーティシリーズ「ムーヴカスタム」のダーククリア/メッキモールの大型メッキグリルを特徴とするフロントフェイスへ大幅に変更したほか、

レギュラーシリーズ「ムーヴ」も内外装をリフレッシュした。ムーヴカスタムは、エクステリア&アルミホイールデザイン変更とディスチャージヘッドランプ、

自発光式メーターを標準装備。リヤコンビネーションランプやシート表皮も変更し、高級感を演出している。

ベーシックな新設定「カスタムS」、ドアミラーターンランプやイモビライザー機能「カスタムX」、グローブボックスランプ、フロアイルミネーションなど「カスタムXリミテッド」。

インタークーラーターボエンジンは、「カスタムR」と、16インチアルミホイール装着の「カスタムRS」をラインアップする。ムーヴはエアコンやCD・AM/FM付ステレオを標準装備とし、

「L」、タコメーター&瞬間燃費計、キーフリーシステムの「X」、オートエアコン、リバース連動&ドアミラーターンランプの上級「Xリミテッド」の3グレードとする。

4世代目モデルとなるダイハツムーヴ(MOVE)。レギュラーシリーズ「ムーヴ」は、58馬力を発揮する水冷直列3気筒DOHCエンジンを搭載する。

エアコンやCD・AM/FM付ステレオを標準装備とした「L」、キーレスエントリーや14インチフルホイールキャップなどを装備する「X Special(スペシャル)」をラインアップ。

「ムーヴカスタム」シリーズは、ベーシックな「カスタムX」、15インチアルミホイールを装着する「カスタムR」と、最上級「カスタムRS」には、

水冷直列3気筒DOHCインタークーラーターボエンジン(64馬力)を搭載する。Lには5速MTが設定され、その他のモデルはCVT(無段変速機)が組み合わされる。

今回設定するムーヴ「X VS III」は、自発光式メーターやマルチインフォメーションディスプレイなど質感の高い装備を備え、14インチアルミホイールを標準装備する、X VS IIに変わる上級グレード。

「ムーヴカスタム」シリーズは、ベーシックな「カスタムX」、15インチアルミホイールを装着する「カスタムR」と、最上級「カスタムRS」には、

水冷直列3気筒DOHCインタークーラーターボエンジン(64馬力)を搭載する。Lには4速ATと5速MTが設定され、その他のモデルはCVT(無段変速機)が組み合わされる。

T様この度は弊社でのご売却誠にありがとうございました!!

4月1日時点の所有者に自動車税が課税されます。お得に売却する方法

こんにちは!!

札幌市の車買取セカンドプラスです!!

みなさんご存知かと思いますが、自動車税は4月1日の所有者に課税されます。
もしお車のご売却をお考えの方はなるべく早めの売却をオススメしています。

普通車であれば車体を50万で買って税金の月割り4万円で合計54万で買っても抹消登録をした時点で自動車税が手元に戻ってくる計算で買取金額に反映させ得ることが出来ます。
自動車税を月割りにしますので少しでも早い方が税金の還付金も多く戻ってくるため少しでも高く買取する事が出来ます。

例えば車検が今年の9月までで自動車税が34,500円のお車

5月に売却した場合お客様の税金負担は2カ月分なので28,750円買取金額に反映させることが出来ます

車検ギリギリの9月まで乗った場合は税金負担が6カ月分なので買取りに反映できる金額が17,250円と1万円も減ってしまいます。

更にお車の相場は月ごとに下がってしまう為5月には50万で買取れるお車も9月には30万~40万なんて事もよくあります。

それでも〇月中は車を使いたいと言うお客様もいるかと思います。
代替えの車がすぐに来なかったり、どうしても使いたい用事があったりと現実的にすぐに車を手放しするのは不可能というお客様も数多くいると思います。

早く手放したいでも車がないと困るという方!!そんな時はセカンドプラスにご相談ください!!

当社では代車無料サービスや一度ご提示してご契約していただいた場合の減額ナシなど

お客様のご希望に添いながら一番お得に売却できる方法をご相談させて頂きます。

それ以外にも動かない車でナンバーがついたままの車や全く使っていない車は早めにご売却した方が絶対にお得です。

どんな車でも買取致しますのでご連絡ください。

札幌市F様よりトヨタ アクアご売却頂きました!!

こんにちは!!

札幌市のセカンドプラスです!!

今回買取させていただいたのはトヨタ アクアです!!

 

 

ハイブリッドシステムの小型・軽量・高効率化など、トヨタの量産ハイブリッドカー開発17年間の知恵と技術を結集したコンパクトクラスのハイブリッドカー「アクア(AQUA)」。

ラインナップは、ベースグレードの「L」充実装備の「S」上級グレードとなる「G」の3タイプ。

最新の1.5Lハイブリッドシステム(リダクション機構付のTHSII)を搭載し、10・15モード走行燃費40.0km/L(JC08モード走行燃費35.4km/L)を実現。

車両の走行状態に応じた適切な制動力を前後輪に配分するEBD機能付のABSと、ブレーキの踏み込み速度から緊急ブレーキであることを感知し、

強い制動力を発生させるブレーキアシスト機能を搭載しブレーキ性能を最大限に発揮。

また、コーナリング時などで横滑りが発生した場合、ブレーキとエンジン出力を制御して車両の安定性を確保するVSCと、

発進・加速時にタイヤの空転を抑えてアクセル操作を容易にするTRCを採用した。

力強く精悍なフロントフェイスと、きびきびとした走りを感じさせる、踏ん張りの効いたリヤ周りとし、先進性を楽しく大胆にデザインしている。

荷室はハイブリッドバッテリーを小型化し、リヤシート下に配置することで、容量305Lの広い荷室空間を実現。

ボディカラーは、新色の「シトラスオレンジマイカメタリック」「ライムホワイトパールクリスタルシャイン」を含む全10色を設定。

平成25年にはボディカラーに、新色「ディープアメジストマイカメタリック」(「L」を除く)を追加するとともに、スピードメーター文字色を変更した。

同時に、トヨタが自ら開発するスポーツコンバージョン車シリーズの第6弾として、「CONTROL AS YOU LIKE ~意のままに操る喜びを~ 」をコンセプトとした、

「G Gs」を設定。コイルスプリングやショックアブソーバーに専用チューニングを施したサスペンション、補強材や溶接スポット打点の追加によりボディ剛性を向上させたほか、

専用17インチアルミホイールや高性能タイヤを採用。

外観では、専用デザインのバンパー(フロント・リヤ)を採用するとともに、「Gs」 エンブレムをフロントフェンダーならびにバックドアに配した。

内装では、運転席および助手席を「Gs」エンブレム付専用スポーティシートとしたほか、シート表皮にはアルカンターラを採用。

 

F様この度は弊社でのご売却誠にありがとうございました!!

札幌市のS様より三菱 パジェロイオご売却頂きました!!

こんにちは!!

札幌市のセカンドプラスです。

今回買取させていただいたのは三菱のパジェロイオです。

 

 

 

街乗りしやすい手ごろなサイズ感で登場した三菱のパジェロイオ。本格的なオフロード走破性を兼ね備えた小型のSUVとして、存在感を発揮しました。

日本では1998年にパジェロジュニアの後継車として発売されたのち、2007年に販売終了しました。後継車はRVRです。

2000年の7月3日、パジェロイオはガソリン直噴ターボエンジン「GDIターボ」を搭載し、発売に乗り出しました。

特徴として、ベースとなる1.8リッターGDIエンジンと同等の燃費を確保しながら、2.4リッター並みの出力特性を実現させたという点があります。

また、レスポンスに時間がかかる、ターボラグを解消していることから、ドライビングも格段と良くなっただろうといえます。

当時、意識していたであろうトヨタのSUV「RAV4」に対抗するべく、三菱が打ち出した新兵器の価格帯は、当初、ベース車より7万円高い210.0万円で発売されていました。

乗り心地に対する評価は、特別悪いという声はなく、ショートホイールベースながら快適である。という声も上がるほどです。

ただし、4000回転を超えたあたりからは、音がうるさくなる傾向にあり、エンジン回転そのものは低く抑えられているので、トータルでみるとオフロード車にしては静かな印象があるようです。

走行性能の評価として、低中速でのトルクを厚くセッティングされていることにより、車両重量も軽いので、停止状態からの発進した時の加速は機敏であることが、高評価を受けています。また、オフロード性能はさすがパジェロの仲間ということで、評価は高くなっています。

実用性の評価として、2駆走行時は後輪駆動になり、車としての面白さも併せ持っていたこともあり年齢層の広い支持につながりました。

また、ロングノーズながら視点の高さも評価を得ていて、女性にも運転しやすいことが高評価とつながりました。

装備として、NAVI装着グレードには7インチ2DIN‐AV一体型HDDナビゲーション(富士通テン製)を装着。

安全装備として全車にデュアルエアバッグ(サイドはメーカーオプション)、ABS+EBD(電子制御制動配分装置)、プリテンショナー&フォースリミッター付きシートベルトを標準で装着し、装備面でも評価は悪くありませんでした。

燃費は、「1.8アクティブフィールドエディション4WD」の場合で、10.8㎞/L(10・15モード)グレードにもよりますが、10.8~13.0㎞/Lとなっています。実燃費は、8.02~14.57㎞/Lと、カタログ燃費と同等程度となっています。

燃費に対する評価としては、高速道路走行や長距離を走る際は燃費が良いという評価が高く、パジェロイオは長距離走行向きであるということがみうけられます。

また、運転の際のポイントとして、やや強めの加速、エンジンブレーキ、一定のアクセル開度を意識することで、低燃費につながるようです。

 
S様この度は弊社でのご売却誠にありがとうございました!!

札幌市のW様よりホンダ N-WGNご売却頂きました!!

こんにちは!!
札幌市のセカンドプラスです。
今回買取させて頂いたのはホンダN-WGN
お車乗り換えでのご売却です!!

 

 

 

最近の軽自動車の売れ線は、ダイハツのタント、スズキのスペーシア、ホンダのN-BOXといったスーパーハイト系と呼ばれるモデルたち。

スーパーハイト系の持ち味はなんといっても広大な室内空間で、約1.8mという高い車高と四角いボディ形状が生みだす広々感は圧倒的だ。

室内で立ったまま子供を着替えさせたり、雨の日にお子さんを塾まで迎えにいって自転車ごと回収したりと、特に子育て層にとっては便利この上ない。

また、最近増えている小型車や普通車からの乗り換え組にとっても広大な室内は大きな意味を持っている。

下手な3ナンバー車よりも広いスペースには、軽自動車に乗り換えたデメリットを忘れさせてくれるほどの説得力がある。

そんなスーパーハイト系に押されつつあるのがハイト系と呼ばれる車高1.7m弱のジャンルだ。

低めの車高なのにハイト系と呼ばれるのは、アルトやミライースといったセダン系と呼ばれるジャンルと比べて背が高いから。

スズキのワゴンR、ダイハツのムーヴ、日産/三菱のデイズ/eK、そしてホンダN-WGNがハイト系にあたる。

ハイト系はスーパーハイト系よりは価格が控えめだし、室内も決して狭くはない。そういう意味ではバランスの取れたジャンルなのだが、

圧倒的な広さとスライドドアというわかりやすい魅力を持つスーパーハイト系と比べるとサプライズを演出しにくいのが苦戦の理由だろう。

そこでホンダがN-WGNで提案してきたのが「毎日の大切へのこだわり」だ。これだけだとちょっとわかりにくいが、

要するに通勤や通学などで毎日乗る人にとって重要な部分に磨きをかけたということ。

具体的にはフロントのピラーをできるだけ細くすることで死角を減らしたり、ホンダの軽自動車としては初めてステアリングを上下&前後に調整できるようにしたり、

小物類の収納を充実させたりと、運転のしやすさや日常的な使い勝手にとことんこだわった。

室内に乗り込むと、正直N-BOXのような圧倒的な広さ感はない。リアドアも普通のスイング式だ。

しかし、だからといって狭いかというと決してそんなことはなく、足元も頭上も後席も十分広々としているし、シートの着座感もゆったりしている。

家族でお出掛けするならスーパーハイト系を選ぶ価値はあるけれど、カップルで乗るならむしろN-WGNのほうがちょうどいいというか、

しっくりくるなと思った。ましてや通勤や通学に1人で乗るなら、四角い箱よりもこちらのほうがずっとおしゃれな感じがある。

 

W様この度は弊社でのご売却誠に有難う御座いました。

札幌市N様よりトヨタ ヴィッツご売却頂きました!!

こんにちは!!

札幌市のセカンドプラスです!

今回買取させて頂いたお車はトヨタのヴィッツです!!

 

 

 

 

スターレットの事実上の後継車にあたり、欧州ではBセグメント(初代を除く)に、北米ではサブコンパクトカーに分類される。

初代から欧州でも生産・販売されており、現在日産・キャシュカイに次いで欧州で売れている日本車となっている

2017年時点での世界販売台数は52万台で、トヨタ車の中ではカムリやプリウスを凌いで5番目に売れる世界戦略車であるが、

一方で日本と欧州だけでその9割を売り上げるという特殊な市場構成となっている

初代型の登場した1999年当時の日本では、デミオやマーチにロゴといったコンパクトカーも存在したものの、基本的には作り込みより価格の安さに重きが置かれていた。

また世間では従来からのセダンに加え、新たに誕生したミニバンやクロスオーバーSUVなどが人気を占めていた。

しかしヴィッツはギリシャ人デザイナーのソティリス・コヴォスによる革新的なデザインや室内空間の広さ、衝突安全性能、環境性能の高さで従来のセダンの購入層をも魅了し、

国内外で爆発的なヒットを記録。5ドアコンパクトカーブームを引き起こし、世界のコンパクトカー市場に大きな影響を与えた。

その意味でも、これらの車種は日本だけでなく「世界の小型車を変えた存在」として現在でも評価が高い

ホットハッチとしての需要も高く、ディーゼルターボ用ユニットと大容量ラジエーターを「RS」に装着した『ヴィッツRSターボ Powered by TRD』、

1.8Lスーパーチャージャーを備える『ヴィッツGRMN』のような過激なものも公式に発売されている。またモータースポーツでもWRC(世界ラリー選手権)でチャンピオンとなった他、

ヴィッツ限定のワンメイクレース「ネッツカップヴィッツレース」、同じくワンメイクラリー「TRDヴィッツチャレンジ」(現TGRラリーチャレンジ)が開催されるなど、

プロから初心者まで幅広く親しまれる車種となっている。

ヴィッツVitz)は、トヨタ自動車が販売していた1.0L – 1.5Lクラスのハッチバック型乗用車である。

日本国内では一貫して新旧ネッツ店でのみ取り扱われていた看板車種の一つであった。

国内では「ヴィッツ」、国外では「ヤリス」と名を区別されていたが2020年2月10日発売の4代目から、車名が日本国内・国外ともに「ヤリス」に統一された。

N様この度は弊社でのご売却誠にありがとうございました!!

Top